比例繰上げ情報
(2023年)


衆院 比例近畿ブロック
23/ 1/18 前川清成代議士に1審有罪判決
奈良地裁は日本維新の会の前川清成代議士に対し、公選法違反(事前運動、法定外文書頒布)で罰金30万円の
判決を言い渡した。

22/ 3/22 日本維新の会・前川清成代議士を略式起訴
自らへの投票を呼びかける文書を選挙公示前に有権者に送ったとして、日本維新の会の前川清成代議士が
公職選挙法違反罪で在宅起訴された。
公選法違反罪で罰金刑以上が確定すれば、原則5年間の公民権停止となり失職する。

※比例区・近畿ブロックの日本維新の会の次点者の直山仁候補(新人)は公選法違反(買収)で罰金刑判決を
受けており、次々点者は中嶋秀樹候補(新人)


衆院 比例四国ブロック [繰上げ実施]
23/ 1/17 瀬戸隆一氏が繰上当選
後藤田正純代議士の辞職に伴い欠員が生じたことを受け、自民党の比例区四国ブロックで次点の瀬戸隆一氏の
繰上げ当選を選挙管理会が決定した。

23/ 1/ 5 自民党・後藤田正純代議士が辞職
自民党の後藤田正純代議士が、徳島県知事選挙へ出馬するため衆院議長に議員辞職願を提出し、許可された。

※比例区・四国ブロックの自民党の次点者は瀬戸隆一候補(元職)


参院 比例代表区 [繰上げ実施]
23/ 1/17 大島九州男氏が繰上当選
水道橋博士参院議員の辞職に伴い欠員が生じたことを受け、れいわ新選組の比例代表区で次点の大島九州男氏の
繰上げ当選を選挙管理会が決定した。

23/ 1/17 田中昌史氏が繰上当選
三木亨参院議員の辞職に伴い欠員が生じたことを受け、自民党の比例代表区で次点の田中昌史氏の繰上げ当選を
選挙管理会が決定した。

23/ 1/16 れいわ新選組・水道橋博士参院議員が辞職
れいわ新選組の水道橋博士参院議員が、体調不良を理由に議員辞職願を参院議長に提出し、許可された。

※2022年比例代表区の れいわ新選組の次点者は大島九州男候補(元職)

23/ 1/13 自民党・三木亨参院議員が辞職
自民党の三木亨参院議員が、徳島県知事選挙へ出馬するため参院議長に議員辞職願を提出し、許可された。

※2019年比例代表区の自民党の次点者は田中昌史候補(新人)

2022/11/11 三木亨参院議員が知事選出馬を表明
自民党の三木亨参院議員が、2023年5月の徳島県知事選への出馬を表明した。


政党と選挙のトップ・ページへ